プリンターの選び方
2017.05.23

色々なインクパソコンは持っていてもプリンターは持っていないと言う人でも、印刷サービスやコンビニの店頭にある複合コピー機で印刷することはありますよね。それに、プリンターはあれば便利なアイテムです。
しかしひと口にプリンターといっても、印刷方式は様々あります。家庭やオフィスで良くつかわれているのはインクジェットとレーザーの2方式で、どちらが良いかは印刷の用途によって変わります。さらに、各メーカーからインクジェットもレーザーも、機能や性能の異なるモデルが販売されていますから、方式ごとのメリットを良く吟味して、自分にぴったりのプリンターを選びましょう。

プリンター選びのポイントは、使う場所と目的、そしてトータルのランニングコストです。そのプリンターは家庭で使う物でしょうか? それともオフィスで使用するものでしょうか?
家庭で使うプリンターなら、写真や年賀状などの印刷が主な使用目的の場合が多いですよね。となると、印刷の速さよりも美しさ、そして本体がコンパクトである方が良いでしょう。それらを加味すると、インクジェットでのプリントをお勧めします。
もしそのプリンターをオフィスで使うのであれば、複数の人間が使う、または一度に大量に印刷する場合が多いかもしれません。そうなると、高速印刷が可能で、給紙枚数の多いレーザープリンターをお勧めします。また、オフィスでヘビーに使うのであれば、耐久性能が高い方がいいでしょうから、その意味でもレーザープリンターに軍配が上がります。

インクジェットでも印刷速度の速い機種はありますが、価格も上がってきますし、なによりもインクジェットプリンターは元々、一度に大量の印刷を目的として開発されたものではありません。それは、給紙方法にもよくあらわれており、安いインクジェットのほとんどが、普通紙をせいぜい100枚程度しか置いておけない給紙トレイ方式が採用されています。トレイ方式の場合、用紙を長時間置いていると、紙の表面にほこりが吸着します。そしてそのほこりを一緒に給紙させてしまうと、インクジェットのノズル部分に付着し、インク詰まりの原因になる場合があります。それに対して、レーザープリンターの場合は、コンパクトサイズでも給紙カセット方式のものが多いです。

トータルのランニングコストについてですが、用紙代・本体料金・そしてインクやトナーの金額を換算すれば、モノクロを大量に印刷するなら安いレーザーが、写真や年賀状などをフルカラーでたまに印刷するならインクジェットでの印刷がお勧めです。

▲ ページトップへ